うつ病とは

うつ病になると起こる症状

日本人の誰もがかかる精神疾患として、うつ病があります。このうつ病というのは、脳のエネルギーが欠乏することで憂うつを感じたり、さまざまな意欲が低下してしまう症状です。発症する原因は、環境要因で大きなストレスを受けるからです。たとえば、家族や親しい人との別れ、仕事や財産を失う、人間関係のトラブルなどです。 うつ病の具体的な症状は、まず通常なら楽しい出来事でも喜びを感じなくなります。そして、無気力になり、何をしていても憂うつな気分になります。それと、うつ病になると、体が鉛のように重く感じて疲労感が増してしまいます。うつ病は、こうした症状が2週間以上継続します。うつに早い時点で気づいて治療すれば、すぐに治すことができます。

うつの人への正しい対処方法

周りの友人や会社の同僚などうつ病にかかっている人に対して、接し方の注意点があります。まず大切なことは、むやみに励まさないことです。たとえば、「元気出して、頑張って」という言葉は、無意識のうちについつい言ってしまいそうです。しかし、うつの症状がある患者にとって、頑張らなければいけないことは痛いくらい分かっている事実です。本人としては、そうしたいのに出来ないから苦しめられているわけです。なので、軽い励ましの言葉で、余計に患者は落ち込みが増してしまいます。なので、むやみに励まさないほうが良いです。 正しい接し方は、適度な距離を保ち一緒に過ごしてあげることです。相手に合わせて、悩みをを聴いてあげる事が大事です。そうすることで、心の負担を軽くすることができます。

経済的負担は症状によって異なる

うつ病とは心の働きが低下し、何事にもやる気が出ず、食欲や意欲に物事への興味が無くなり、労働や生活が困難になる精神疾患です。 こうした症状は抑うつと呼ばれ、気分に関わる症状であることから気分障害とも呼ばれます。 抑うつの症状も悪化していけば最後には生きていく意欲も失い、自殺や生きるための行動自体を行わなくなる死に至る病でもあるのです。 うつの症状が悪化すればそのように危険な疾患ではありますが、同じうつ病でもその症状の度合いには大きな差が生まれます。 重いうつ病ならば危険であり、とても労働できる状態ではありませんが、軽いうつならば多少の不具合はあっても障害が出る前の同じように働きながら治療を行なう事も可能です。 うつ病の症状が軽いか重いかで、治療の期間もその間の経済的負担も大きく異なるでしょう。

軽いうつなら働きながら治療も可能

軽いうつ病ならば働きながら治療ができるので、経済的にも困窮するリスクは少ないはずです。 しかし、だからといって軽いうつを放置しておいてはいけません。 うつの症状は軽い状態だからとそのままの状態が保たれるわけでは無く、放置することで軽いうつが生死に関わるほど重いうつに悪化する可能性があります。 何らかの内臓疾患や外傷のように悪化する時期を予測することは難しく、何かのきっかけで軽いうつが自殺するほど重い症状へ発展する危険性もあります。 働きながらでも治療できる軽いうつだからこそ、その段階の内に迅速にうつ病を根本から治療する事が推奨されます。 もし、軽いうつを放置してしますと、その後身内の不幸や人間関係のトラブルなど極端なストレスが致命的な影響を及ぼす可能性がでてくるのです。

近年増加傾向にあるプチうつ

ここ最近、日本で増加傾向にあるといわれているのが、プチうつです。このうつ病は、普通のうつ病に比べると、いくつかの異なる特徴があります。それは、抑うつ症状が起こる時間帯は、一日のうち夕方になると起こります。午前中から昼は比較的穏やかに過ごせますが、夕方から徐々に不安やイライラが募ります。 その他の特徴的な症状は、食べることで不安やイライラする気持ちをまぎらわすようになります。そして、特に甘いものが無性に欲しくなり、発作的に食べてしまう傾向があります。また、人間関係において怒りやすく、相手に激しい感情をぶつけてしまう事が多いです。そして、相手に拒絶されると、急に絶望的になります。さらにひどくなると、衝動的に自殺を図る危険があります。

症状について

うつ病の症状は人によって異なると言われており、気分障害を患う場合や自立神経症状によって普通の人と同じような生活が送れなくなる場合があります。症状を治すためには診察してもらい原因を知る必要があります。

MORE

微笑んでしまう病気

最近、話題になっている病気には微笑うつ病と呼ばれるものがあります。精神状態を知られないよう表情で隠してしまう病気になっており、職場や学校などの人間関係が原因になることが多いと言われています。

MORE

注目インフォ

メンタルによって

うつ病にかかりやすいと言われる人はメンタルが弱くなっている場合があります。心的傷害などのストレスによって引き起こされるため、再発する可能性がありますが焦らずゆっくり直していくことが大切です。

Read More

知ることが大事

世界的に増えているうつ病はイメージで病気を判断している場合があります。人によって症状が異なるため、うつ病を患った場合には病気について知識を深めることが重要になります。

Read More

職業から考える

うつ病の予防をするには職業から考えることが可能です。プログラマーにはこの病気にかかってしまう人が多いと言われています。また、教師も同じです。自分でもよく健康状態をチェックしましょう。

Read More