微笑んでしまう病気

微笑みうつ病とはどういうものか

ここ最近では、微笑うつ病と呼ばれる症状に悩んでいる方が増加しています。これは、心の中はうつ状態であるのに、周囲にばれないように無理やり微笑んで隠している症状です。周囲に心配をかけまいと作り笑いを浮かべるうちに、どんどんうつ病は進行していきます。 その他の症状としては、まず午前中に抑うつが強く、夕方になるとだんだんと気分が良くなります。その他にも、人から声をかけられると、気持ち悪いほどの笑顔を見せます。さらに症状が進むと倦怠感や頭痛に悩まされ、口数も次第に少なくなります。このうつ病が煩わしいのは、本人はつらくて苦しいのに話しかけると笑顔で答えることです。よって、周りの人は苦しんでいると気がつかないことが多いです。このうつは精神的に強い負荷がかかるので、早めの治療が重要です。

症状を予防するためには

微笑みうつ病は、特に職場などの人間関係で無理をすると生じやすいです。そして、我慢し続けて周りが気付いた時には、重度のうつ病にかかっている危険性があります。なので、うつ病を予防するには、会社や家族など周囲の人が声をかけてリラックスさせる必要があります。また、自分の状態がおかしいと感じたら、時には周囲に弱みを見せることも必要です。家族など信頼できる人に悩みを相談することで、心の負担を軽くすることができます。 また、うつを発症している時は、心や体のエネルギーが低下している状態です。よって、ストレスがかかる仕事の人間関係から一時的に離れ、休むことも必要です。休養をとって充電することで、症状は快方に向います。